【ボドゲ紹介】ウイングスパンとは?ルールや評判なども紹介

『ウイングスパン 完全日本語版』のルールの概要やBGG/Amazonなどのレビュー評価、スリーブサイズ、エラッタや拡張/シリーズの有無など、幅広く紹介します。

画像引用元:ArclightGames Official
スポンサーリンク

どんなゲーム?

『ウイングスパン』は、プレイヤーが鳥類愛好家となり、自身の管理する鳥獣保護区に鳥を呼び寄せて、より多くの種を見つけることが目的の戦略ボードゲームです。

呼び寄せた鳥の効果で餌を獲得し、その餌を使って新たな鳥を呼び寄せる。を繰り返し行います。鳥は餌の獲得以外にも様々な効果を持っており、ゲームが進むにつれて連続して効果を起動できるようになります。

呼び寄せた鳥の数や、カードの効果などから勝利点を獲得し、ゲーム終了時に最も多くの得点を獲得したプレイヤーの勝利となります。

画像引用元:BoardGameGeek
  • 2019年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門大賞受賞作品
  • 1枚として同じカードがない、美しいイラストの170種類の鳥カード。
  • 餌箱型ダイスタワー、可愛らしい卵トークンなど凝ったコンポーネント。
  • カードには翼長(ウイングスパン)や生息地、一言解説が記載されており、その鳥への理解を深めることもできる。

ゲームの流れ

各手番では、スタートプレイヤーから順番に次の4アクション中から1つを選択して、手持ちのアクションコマの数だけ繰り返し行っていきます。

  • ⼿札から⿃カードをプレイ
  • 餌を獲得して森林の⿃の能⼒を起動
  • 卵を産んで草原の鳥の能力を起動
  • 鳥カードを引いて湿地の鳥の能力を起動

<⼿札から⿃カードをプレイ>
コストとして餌や卵を支払い、手札の鳥カード1枚を生息環境(森林、草原、湿地)に合った場所に配置します。

また、鳥カードにプレイ時能力がある場合は、その効果を解決します。

個人ボードのイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

<餌を獲得して森林の⿃の能⼒を起動>
餌箱から選んだダイスを取り出し、出目の餌を獲得します。

選べるダイスの数は、森林に配置された鳥カードの枚数に応じて増えていきます。また、森林に配置された鳥カードに起動時能力がある場合、その効果を起動することができます。

ダイスによる餌の獲得のイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

<卵を産んで草原の鳥の能力を起動>
指定された数の卵を獲得して、鳥カードの上に配置します。

獲得する卵の数は、草原に配置された鳥カードの枚数に応じて増えていきますが、鳥カードごとの配置上限数以上の卵を置くことはできません。

森林に配置された鳥カードに起動時能力がある場合、その効果を起動することができます。

卵の配置イメージ
画像引用元:BoardGameGeek

<鳥カードを引いて湿地の鳥の能力を起動>
指定された枚数の鳥カードを獲得します。

獲得するカードの枚数は、湿地に配置された鳥カードの枚数に応じて増えていきます。また、湿地に配置された鳥カードに起動時能力がある場合、その効果を起動することができます。

全てのアクションコマが無くなるとラウンドが終了し、そのラウンドの目的をより多く達成したプレイヤー追加の勝利点を獲得します。

目的ボードのイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

4ラウンド終了とともにゲームが終了し、プレイした鳥カードや目的の達成で獲得した勝利点、個人ボード上の卵や餌の数などから合計得点を計算し、最も多くの得点を獲得したプレイヤーの勝利となります。

評判・口コミまとめ

ここからは、実際に本作をプレイした人の口コミを紹介していきます。

アートワークやコンポーネントが高く評価されている。
鳥の種類が多く、毎回違った戦略で楽しめる。
プレイヤー間のインタラクションは控えめ。
戦況はカードにも左右されるため、運の要素は高い。

作品データ

タイトルウイングスパン 完全日本語版
カテゴリ
メカニクス
家族/子供向け
戦略ゲーム
ダイスロール
セットコレクション
ハンドマネジメント
場札の獲得
ゲームデザインElizabeth Hargrave
プレイ時間40~70分
プレイ人数1~5人
対象年齢10歳以上
発売元アークライト
発売時期2019年10月17日
定価7,150円(消費税10%込) 
記事作成時の情報

BGGのランキング・評価

BGGにおけるランキング・評価などは次の通りです。

タイトルWingspan
ランキング25
評価8.1
おすすめ人数1~4人
最適人数3人
重さ/複雑さ2.46
原作の販売年2019年
最新情報はこちら

内容物 / コンポーネント

・ルール説明書:1冊
・別冊付録:1冊
・オートマ説明書:1冊
・目的ボード:1枚
・カードトレイ:1組
・個人ボード:5枚
・餌箱型ダイスタワー:1組
・スコアシート:1冊
・カード類:212枚
・卵トークン:75 個
・専用ダイス:5個
・アクションコマ:40 個
・餌トークン:103 個
・目的タイル:8枚
・親マーカー:1枚

2023年4月出荷分より、下記内容物が新たに同梱されます。
・プロモカードセット:1袋 【鳥カード:10枚、初心者用プレイガイド:4枚】

カードスリーブ

カードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

カードサイズ:57×87mm
カードの枚数:212枚(プロモカード含むと222枚)
スリーブサイズ:ボードゲームサイズ

ボードゲームサイズ用のスリーブをみる

ボードゲームサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース ボードゲームサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード58.5×90mm/0.1mm50枚
②ホビーベース ボードゲームサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト58×89mm/0.05mm100枚
③Engamesスリーブ アメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード58×89mm/0.1mm100枚
④Engamesスリーブ アメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト58×89mm/0.05mm100枚

エラッタ/補足情報

本作に関するエラッタが報告されています。詳細は公式サイトをご確認ください。

また、『ウイングスパン』シリーズの表記統一に関しても公式サイトよりアナウンスされています。

口コミ/販売情報

Amazonの口コミや、最新の販売状況は以下のリンクよりご確認お願いします。

ボードゲームは数年の再販待ちや絶版も珍しくないため、予算が許すなら買える時に購入することをお勧めします。

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

拡張/シリーズ

以下の拡張/シリーズが発売されています。

ウイングスパン 拡張: 欧州の翼 完全日本語版

2020年6月発売の第1弾拡張セット。
ヨーロッパ諸国の多様で美しく威厳のある鳥たちを81種類も収録し、ゲーム展開を多様化する新たなボーナスカードや目的タイルが追加されます。

ウイングスパン 拡張: 大洋の翼 完全日本語版

2021年2月発売の第2弾拡張セット。
オセアニアの色鮮やかな鳥だけではなく、エミューなどの飛べない鳥など95種類を収録。さらに、鳥を呼び寄せる新ルールの花蜜トークンや、新規アクションの「リセット」が追加されます。

ウイングスパン 東洋の翼 完全日本語版

2023年1月発売の独立拡張セット。
東洋に生息する90種類の鳥たちを収録し、1~2人専用の新ルール「つがいモード」での対戦を楽しむことができます。さらに、基本セットと組み合わせることで、6~7人で遊べる「郡鳥モード」のルールを収録しています。

ウイングスパン 完全日本語版 プロモカードセット

「ウイングスパン」の遊び方を学ぶことができるガイドと10種類の鳥カードが同梱されたプロモカードセット。

2023年4月以降に出荷される「ウイングスパン 完全日本語版」には同じものが同梱されますのでご注意ください。

アークライト〔定価:1,980円〕
¥1,980 (2023/05/04 19:06時点 | Yahooショッピング調べ)

コメント