【ボドゲ紹介】ウイングスパン 東洋の翼とは?違いや評判なども紹介

『ウイングスパン 東洋の翼 完全日本語版』の特徴や、『ウィングスパン 完全日本語版』との違い、BGG/Amazonなどのレビュー評価、スリーブサイズ、エラッタや拡張/シリーズの有無など、幅広く紹介します。

『ウイングスパン』の基本ルールについては、【ボドゲ紹介】ウイングスパンとは?ルールや評判なども紹介をご覧頂けますと幸いです。

ボードゲームボックスアートういんぐすぱんとうようのつばさ
画像引用元:ArclightGames Official
スポンサーリンク

どんなゲーム?

『ウイングスパン 東洋の翼』は、『ウイングスパン』の独立型拡張セットです。

本作単体で、1~2人専用の新ルール「つがいモード」での対戦を楽しむことができます。
さらに、基本セットと組み合わせることで、6~7人で遊べる新ルール「郡鳥モード」を遊ぶことができます

『ウイングスパン 東洋の翼 完全日本語版』の主な特徴や新要素は次の通りです。

東洋のなじみ深い鳥たち

『東洋の翼』では、東洋に生息するなじみ深い鳥カードが90種類収録されています。

新しい鳥カードのイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

新ルール「つがいモード」

「つがいモード」は、1~2人で対戦を楽しむことができる新ルールです。

基本的な遊び方は基本セットと変わりませんが、「つがい目的ボード」を用いたエリアマジョリティ的な要素が加わります。

「つがいモード」のルール概要

プレイヤーは白/黒どちらかの「つがいトークン」を持ち、鳥カードをプレイする度に、つがいトークンを目的ボードに配置します。

つがいトークンが配置できる場所には次のような制限があり、中には餌や卵が貰えるボーナスマスもあります。

  • 配置した鳥カードと同じ生息域(森林、草原、湿地)であること。
  • 鳥カードの巣アイコンや、プレイ時に支払った餌などが条件と一致していること。

ラウンド終了時に追加の勝利点を獲得できる目的タイルも健在で、4ラウンドを終えるとゲームが終了します。

通常の得点計算に加えて、目的ボードに配置してある自身のつがいトークンの1番大きい塊の数だけ得点が追加されます。

つがい目的ボードのイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

新ルール「群鳥モード」

「群鳥モード」は、基本セットの『ウイングスパン』と組み合わせることで、6~7人で遊ぶことができる新ルールです。

こちらも基本的な遊び方はこれまでと変わりませんが、「群鳥モード」ではプレイヤーが2つのグループに分かれます。

餌箱や鳥カードの山はグループごとに別々に用意して、自分のグループのものしか使用できません。

ゲーム中は「群鳥手番順ダイヤル」を使い、ダイヤルが指し示す2人プレイヤーが同時にアクションを行うことで時間の短縮が図られています。

群鳥手番順ダイヤル
画像引用元:BoardGameGeek

赤色の卵トークン

『東洋の翼』では赤色の卵トークンが同梱されます。本作でも色自体に意味はありません。

赤色の卵トークンのイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

新たな「ボーナスカード」

新しい「ボーナスカード(14枚)」が追加されます。
なお、本作の目的タイルは「つがいルール」専用になっています。

全体イメージ
画像引用元:BoardGameGeek
  • 独立型拡張セットのため、本作単体で1~2人用の「つがいモード」を遊べる。
  • 基本セットと組み合わせることで、最大7人の「群鳥モード」が遊べる。
  • 他の拡張との組み合わせも可能で、『大洋の翼』の「花蜜」に対応した両面仕様の個人ボードが同梱。
  • 『欧州の翼』の「ラウンド終了時能力」や、『大洋の翼』の「ゲーム終了時能力」のような新たな能力は追加されない。

評判・口コミまとめ

ここからは、実際に本作をプレイした人の口コミを紹介していきます。

先置きとエリアマジョリティによるインタラクションが楽しめる。
新ルールの「つがいモード」は、2人プレイ用として評価が高い。
新要素によりルールが多少複雑化しているため、ウイングスパン初心者は基本セットの2人プレイから遊んだ方が良いという意見も。
アークライト〔定価:5,940円〕
¥5,512 (2024/04/06 23:52時点 | Amazon調べ)

作品データ

タイトルウイングスパン 東洋の翼 完全日本語版
カテゴリ
メカニクス
家族/子供向け
戦略ゲーム
ダイスロール
セットコレクション
ハンドマネジメント
場札の獲得
エリアマジョリティ
ゲームデザインElizabeth Hargrave
プレイ時間40~70分
プレイ人数1~2人(基本セットと組み合わせることで6~7人)
対象年齢14歳以上
発売元アークライト
発売時期2023年1月26日
定価5,940円(消費税10%込) 
記事作成時の情報

BGGのランキング・評価

BGGにおけるランキング・評価などは次の通りです。

タイトルWingspan Asia
ランキング402
評価8.4
おすすめ人数1~2人
最適人数2人
重さ/複雑さ2.60
原作の販売年2022年
最新情報はこちら

内容物 / コンポーネント

・ルール説明書:1冊
・別冊付録:1冊
・鳥カード:90枚
・ボーナスカード:14枚
・つがい目的ボード/群鳥目的ボード:1枚(両面仕様)
・群鳥手番順ダイヤル:1組(両面仕様)
・つがい目的タイル:6枚(両面仕様)
・つがいトークン:30個
・餌ダイス:5個
・餌トレイ:1枚
・カードトレイ:1枚
・個人ボード:2枚(両面仕様)
・アクションコマ:16個
・卵トークン:30個
・餌トークン:81個
・参照タイル:1枚(両面仕様)
・スコアシート:1冊
・親マーカー:1枚
・お手軽つがいモードプレイガイド:2枚
・オートマ説明書:1冊
・現行ラウンドカード:1枚
・現行つがいマップカード:1枚
・オートマカード:10枚
・オートマ野鳥同盟カード:1枚
・オートマ専用ボーナスカード:2枚
・オートマ早見表カード:3枚

カードスリーブ

カードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

カードサイズ:57×87mm
カード枚数:122枚
スリーブサイズ:ボードゲームサイズ

ボードゲームサイズ用のスリーブをみる

ボードゲームサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース ボードゲームサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード58.5×90mm/0.1mm50枚
②ホビーベース ボードゲームサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト58×89mm/0.05mm100枚
③Engamesスリーブ アメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード58×89mm/0.1mm100枚
④Engamesスリーブ アメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト58×89mm/0.05mm100枚

エラッタ/補足情報

本作に関するエラッタが報告されています。詳細は公式サイトをご確認ください。

口コミ/販売情報

Amazonの口コミや、最新の販売状況は以下のリンクよりご確認お願いします。

ボードゲームは数年の再販待ちや絶版も珍しくないため、予算が許すなら買える時に購入することをお勧めします。

アークライト〔定価:5,940円〕
¥5,512 (2024/04/06 23:52時点 | Amazon調べ)

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

拡張/シリーズ

本作は独立型拡張のため単体で遊べます。また、基本セットや他の拡張と組み合わせてプレイすることも可能です。

基本セットや他の拡張については以下の関連記事をご覧ください。

ウイングスパン 完全日本語版

ウイングスパン 拡張: 欧州の翼 完全日本語版

ウイングスパン 拡張:大洋の翼 完全日本語版

コメント