【ボドゲ紹介】ラッツ・オブ・ウィスター|ゲームの遊び方やレビュー評価など

ラッツ・オブ・ウィスターのボックスアート
画像引用元:ArclightGames Official

『ラッツ・オブ・ウィスター』は、「バラージ」や「ダーウィンズ・ジャーニー」などを手掛けるシモーネ・ルチアーニ氏による1~4人用のワーカープレイスメントゲームです。

プレイヤーは研究所から脱出したネズミの1匹となり、家族のネズミたちを率いて資源の収集や隠れ家の拡張、農場の探索などを行います。

この記事では本作の概要や評判、口コミ、スリーブなど幅広く紹介しますので、何か少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

ラッツ・オブ・ウィスター 基本情報

タイトルラッツ・オブ・ウィスター
種別基本セット
出版社アークライト
デザイナーダニロ・サビア
シモーネ・ルチアーニ
プレイ人数1~4人
プレイ時間90分
対象年齢13歳以上
発売日未定
定価未定(消費税10%込)
こちらも合わせて

コンポーネント

ラッツ・オブ・ウィスターのコンポーネント
画像引用元:BoardGameGeek

工事中

ゲームの概要

『ラッツ・オブ・ウィスター』は、「バラージ」や「ダーウィンズ・ジャーニー」などを手掛けるシモーネ・ルチアーニ氏によるワーカープレイスメントゲームです。

各ラウンドでは、円形のアクションホイールから3つのアクションを順番に選択します。

アクションホイールは、外側の「メインアクション」と内側の「ボーナスアクション」で構成されており、毎ラウンド異なる組み合わせでアクションを実行します。

ラッツ・オブ・ウィスターのアクションホイール
画像引用元:BoardGameGeek

メインアクションでは資源の収集や隠れ家の拡張、農場の探索などの6種類のアクションがあり、ネズミたちを増やすことでアクションの効果を強化することができます。

さらに、手札から発明カードをプレイしたり、探索で獲得したタイルを隠れ家に設置することで、様々なボーナス効果を得ることができます。

その他にもミッションカードや目標カードの条件を満たしてボーナス効果を得たり、個人ボードの能力の開放なども行いながら勝利点を獲得していきます。

5ラウンドを終えるとゲームが終了し、最終的に最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーの勝利となります。

ラッツ・オブ・ウィスターの全体イメージ
画像引用元:BoardGameGeek

ルールと遊び方

アクションホイール

アクションホイールは6つのセクタに分かれており、さらにセクタごとに1~3つのアクションスペースがあります。

各プレイヤーはアクションスペースにワーカーを配置することで、そのセクタに対応するメインアクションと、スペースごとの固有アクションの2種類アクションを実行します。

さらにアクションホイールはラウンドごとに60度回転するため、メインアクションとボーナスアクションの組み合わせはラウンドごとに異なります。

アクションホイール
画像引用元:BoardGameGeek

メインアクションとネズミたちによる強化

6種類のメインアクションはそれぞれ「森林エリア」「隠れ家エリア」「農場エリア」のいずれかに属しています。

各エリアにワーカーを配置することで、そのエリアに属するメインアクションの効果を強化することができます。

アクションの強化
画像引用元:BoardGameGeek

なお、メインアクションの種類と効果は次の通りです。

木材の収集

アクションの強さに等しい数の木材トークンを受け取ります。

部屋を掘る

アクションの強さに応じて、個人ボード右側の部屋を掘って開放することができます。

ゲーム開始時は3部屋のみ使用できますが、部屋を掘ることで最大6部屋を増やすことができ、新しい部屋を開放するごとにより多くの勝利点も獲得できます。

ただし、1部屋を開放するごとに2つの金属トークンが必要になります。

部屋を掘る
画像引用元:BoardGameGeek

金属の収集

アクションの強さに等しい数の金属トークンを受け取ります。

ベッドの設置

アクションの強さに応じて、個人ボード左側の部屋にあるベッドを、右側の空いている部屋に設置することができます。

ベッドを右側の部屋に設置することで、元々ベッドに寝ていたネズミたち(ワーカー)が起きて、さらにアクションを強化することができるようになります。

なお、ベッドを1つ設置するごとに、2つの木材トークンが必要になります。

ベッドの設置
画像引用元:BoardGameGeek

プロジェクトの開発

アクションの強さに応じたプロジェクトポイントを使い、新しい発明カードを手札に加えることができます。

発明カードは「基本発明カード」と「上級発明カード」の2種類があり、基本発明カードは1枚あたり1ポイント、上級発明カードは2ポイントが必要となります。

手札に加えるカードは、それぞれ場に公開されている4枚の中から選択するか、裏向きの山札から引くことができます。

発明カード
画像引用元:BoardGameGeek

探索

アクションの強さに応じた探索ポイントを使い、メインボードの各部屋を探索することができます。

探索ポイントはドアを開けて隣の部屋に移動したり、各部屋にあるミッションカードの公開や、ゲストマウスタイルの獲得に必要となります。

探索
画像引用元:BoardGameGeek

ゲストマウスタイル

探索で獲得したゲストマウスタイルは、個人ボードの空き部屋に配置することができます。

それぞれのタイルには様々なボーナス効果があり、さらに最奥の部屋では6勝利点のチーズタイルが獲得できます。

ただし、タイルを獲得するには空き部屋が必要になるため、「部屋を掘る」や「ベッドの設置」のアクションとのバランスが重要となります。

ゲストマウスタイル
画像引用元:BoardGameGeek

発明カードのプレイ

ボーナスアクションの効果により、手札から発明カードをプレイすることができます。

ただし、カードをプレイするには資源の支払いや、特定のアイコンやカードの所有など、それぞれ様々な条件を満たす必要があります。

カードには即時効果を得るもの、毎ラウンドに収入ボーナスを得るもの、ゲーム終了時に効果が発揮するものなど様々で、中には他プレイヤーを妨害するカードもあります。

発明カードのプレイ
画像引用元:BoardGameGeek

ミッションの解決

探索アクションにてミッションカードを公開したプレイヤーは、カード左下に描かれたボーナスを即座に獲得します。

さらに、それぞれのカードには3つのミッションが描かれており、いち早く条件を満たすことでボーナスや勝利点が獲得できます。

なお、中には発明カードをプレイすることで得られるアイコンが必要なミッションなどもあります。

ミッションカード
画像引用元:BoardGameGeek

目標の達成

ゲーム開始時に3枚の目標カードが公開され、それぞれ一早く達成することで勝利点やボーナスが獲得できます。

目標カードは全部で13枚あるため、ゲームごとに違う戦略を楽しむことができます。

目標カード
画像引用元:BoardGameGeek
  \購入はこちら/

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

ランキング
2,781
評価
7.6
重さ/複雑さ
3.31
2024年2月11日時点
タイトルRats of Wistar
版元Cranio Creations
デザイナー Simone Luciani, Danilo Sabia
タイプ戦略ゲーム
カテゴリ動物
メカニクスワーカープレイスメント
推奨人数2~4人
最適人数3人
原作販売年2023年
最新情報はこちら
スポンサーリンク

評判・口コミまとめ

『ラッツ・オブ・ウィスター』に関する反応や口コミなどを紹介します。

総括・まとめ

『ラッツ・オブ・ウィスター』の特徴や評判などをまとめると次の通りです。

  • シモーネ・ルチアーニ氏によるワーカープレイスメントゲーム
  • アクションホイールを用いたアクションの選択
  • ネズミたちを増やすことでアクションの強化が可能
  • 発明や探索、ミッションや目標の達成など、得点方法が多岐に渡る。
  • ミッションクリアによる個人能力の開放要素あり
  • 1プレイは90分程度
  • 1~4人用の重量級ボードゲーム

販売状況/関連情報

2024年2月11日時点における販売/予約状況やエラッタの有無、関連サイトのリンクなどは次の通りです。

ラッツ・オブ・ウィスター

販売状況発売待ち(発売日未定)
公式ページラッツ・オブ・ウィスター
エラッタ報告なし(最新情報はこちら
BGGRats of Wistar
BGA未登録

通販サイトのリンク

それぞれの通販サイトにおける検索結果のリンク集は次の通りです。

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

国内未発表の拡張セット

海外では複数の拡張(プロモセット)が出版されていますが、国内での取り扱いは未定です。

カードに合うスリーブ

『ラッツ・オブ・ウィスター』には2種類のカードがあります。それぞれのカードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

セブンワンダーサイズ

カードサイズ:65mm×100mm
カードの枚数:10枚

セブンワンダーサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース ワンダーサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード67×102mm/0.1mm50枚
②ホビーベース ワンダーサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト67×103mm/0.05mm100枚
③Engamesスリーブ 65×100mmカードサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード67×102mm/0.1mm100枚
④Engamesスリーブ 65×100mmカードサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト67×102mm/0.05mm100枚

アメリカンサイズ

カードサイズ:57.5mm×89mm
カードの枚数:198枚

アメリカンサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース アメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード60×92mm/0.1mm50枚
②ホビーベース アメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト59×91mm/0.05mm100枚
③Engamesスリーブ ブリッジサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード59×90mm/0.1mm100枚
④Engamesスリーブ ブリッジサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト59×90mm/0.05mm100枚

コメント