【ボドゲ紹介】マーベルゾンビーズ – レビュー評価やルールなど徹底紹介

ボックスアートマーベルゾンビーズ
画像引用元:BoardGameGeek

『マーベルゾンビーズ』は、マーベル作品のスーパーヒーローたちが登場する、完全協力型ゲームです。

2023年8月25日に、サニーバードより日本語版が発売されます。

この記事では本作の概要や、国内外でのレビュー評価/口コミ、スリーブや拡張など幅広く紹介します。

タイトルマーベルゾンビーズ
メーカーサニーバード
定価17,800円
発売時期2023年8月25日
再販時期
ショップAmazon  楽天市場  Yahoo!  駿河屋
スポンサーリンク

マーベルゾンビーズとは?

特徴まとめ
  • フィギュアを使った完全協力型ゲーム
  • 「ゾンビサイド」とマーベルのコラボ作品
  • マーベル作品のスーパーヒーローたちが登場
  • クラウドファンディングで900万ドル以上を集めたタイトル
  • 1~6人用の中量級ボードゲーム

ルールの概要

『マーベルゾンビーズ』は、ゾンビ化したスーパーヒーローのフィギュアを操作して、SHIELDエージェントや生きているスーパーヒーローと対決する、完全協力型ゲームです。

ゾンビ化したスーパーヒーロー達は生きている人間を捕食し、貪欲な空腹を満たしながらミッションクリアを目指していきます。

ゾンビヒーローのミニチュア
画像引用元:BoardGameGeek

『マーベルゾンビーズ』では10種類のストーリーミッション収録しており、それぞれ異なるマップやシチュエーションでの戦いを楽しむことができます。

各プレイヤーの手番順は自由で、毎回好きなゾンビヒーローから移動や攻撃などのアクションを行います。

攻撃時はダイスを使った成功判定を行い、敵を倒すことで経験値を獲得します。

プレイヤーボード
画像引用元:BoardGameGeek

一定の経験値を獲得したゾンビヒーローはレベルが上がり、アクション回数が増えたり、より強力な特殊能力が使えるようになります。

ただし、ゾンビヒーローのレベルに応じて脅威度が上がり、一度に出現する敵の数が増えるため注意が必要です。

敵の出現
画像引用元:BoardGameGeek

さらに、ターンの開始時やダイスロールの結果により、ゾンビヒーローの飢餓レベルが上昇していきます。

飢餓レベルが上がるほど、攻撃時に振れるダイスが増えて強くなりますが、最大レベルになると暴走状態となります。

暴走状態になると実行できるアクションが制限され、ラウンド終了時にはダメージを受けるようになします。

捕食攻撃に成功すると飢餓レベルが収まり、さらにサブキャラクターを捕食することで、そのキャラクター固有の能力が使用できるようになります。

1人以上のゾンビヒーローが倒れるとゲームに敗北するため、全員が生き延びたまま(?)ミッションクリアできるように行動することが重要になります。

全体イメージ
画像引用元:BoardGameGeek

マーベルゾンビーズの特徴/詳細

精巧なフィギュア

『マーベルゾンビーズ』には、スーパーヒーローを含む87体もの精巧なフィギュアが同梱します。

そのため、人によってはフィギュア塗装を楽しむこともできます。

マーベルゾンビーズのフィギュア
画像引用元:BoardGameGeek

キャラクターごとの個性

6人のゾンビヒーローはそれぞれ固有の攻撃方法や特殊能力を持っています。

さらに、敵側にいる6人のスーパーヒーローの他、SHIELDエージェントにも種類があり、それぞれに特徴があります。

武器集めは不要

オリジナルの『ゾンビサイド』では、より強力な武器を求めてマップを探索することもありました。

しかし、『マーベルゾンビーズ』ではゾンビヒーローの身体が武器になるため、武器集めは必要ありません。

飢餓レベル

『マーベルゾンビーズ』では、ゾンビの特性を活かした「飢餓レベル」が採用されています。

飢餓レベルは各ターンの開始時に自動的に上昇し、さらにダイスロールで攻撃に失敗したダイスの数でも上昇します。

飢餓レベルが上がるほど攻撃ダイスが増えて強力になりますが、最大レベルに達すると飢餓状態になり暴走します。

暴走すると特殊能力が使用できず、移動と捕食攻撃しかできない上に、毎ラウンドダメージを受けるため注意が必要です。

捕食

ゾンビヒーローには通常攻撃とは別に捕食攻撃があり、捕食攻撃に成功すると飢餓レベルを0に戻すことができます。

さらに、マップ上のサブキャラクターを捕食すると、そのキャラクター固有の能力を自分の能力として使用できるようになります。

ヒーローモード用のコンポーネント

『マーベルゾンビーズ』はゾンビ側ですが、ヒーロー側で遊べる独立拡張『マーベルゾンビーズ:X-men Resistance』で遊べるおまけのコンポーネントが付属します。

ただし、『マーベルゾンビーズ:X-men Resistance』は直販の受注生産のみで、一般流通の予定はありません。(2023年8月19日時点)

マーベルゾンビーズの概要

日本語版の販売/再販予約情報

2023年8月23日時点では、各ショップにて予約受付が行われています。

サニーバード〔定価:17,800円〕
¥16,020 (2024/04/10 23:00時点 | Amazon調べ)

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

こちらも合わせて

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

マーベルゾンビーズの評価
2023年8月19日時点
タイトルMarvel Zombies: A Zombicide Game
デザイナー Fabio Cury, Michael Shinall
タイプテーマ
主な
メカニクス
協力ゲーム
ダイスロール
シナリオ/ミッション/キャンペーン
モジュラーボード
最適人数2, 4人
原作販売年2023年
最新情報はこちら

BGGの評価が下がった一因として、Kickstarterの配送トラブルにより低評価を多くつけていることが挙げられます。

そのため、ゲームシステムとしてはもう少し高い評価になると思われます。

評判・口コミまとめ

『マーベルゾンビーズ』を実際にプレイした人の口コミを紹介します。

評判の良い口コミ

シンプルなルールながら、多くの戦術的な判断を求められる。

マーベルファンには嬉しい。

個性的なヒーロー達をテーマに、能力もバランスよくゲームに組み込まれていて楽しいと、全体的に高く評価されていました。

特に造形にこだわったフィギュアの評価が高く、中にはフィギュアを目的にゲームを購入した人もいるようです。

また、今回新たに追加された「飢餓レベル」のシステムも好印象コメントが寄せられていました。

気になる口コミ

これと言った不満の口コミはありませんでした。(Kickstarterでの配送トラブルを除く。)

ただし、特定のキャラクターの有無でゲームの難易度が変わるそうなので、キャラクターごとのバランス調整が気になる人もいるかもしれません。

生の声(Twitter⇒X)

スポンサーリンク

スリーブと内容物

カードサイズ/スリーブ

2種類のカードがあり、それぞれのカードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

大型カード
カードサイズ:70×110mm
カードの枚数:12枚
スリーブサイズ:70*110mmカードサイズ

70*110mmカードサイズ用のスリーブを3種類紹介します。

Engamesスリーブ ミニアメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード72×112mm/0.1mm100枚
Engamesスリーブ ミニアメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト72×112mm/0.05mm100枚
※ノーマルサイズとジャストサイズの2種類があり、「ジャストサイズ」は45×68mmになります。
③Mayday Games ロストシティサイズ
タイプサイズ/厚み入数
ソフト100枚
小型カード
カードサイズ:41×63mm
カードの枚数:128枚
スリーブサイズ:ミニアメリカンサイズ
ミニアメリカンサイズ用のスリーブをみる

ミニアメリカンサイズ

ミニアメリカンサイズ用のスリーブを3種類紹介します。

①ホビーベース ミニアメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード44×67mm/0.1mm100枚
Engamesスリーブ ミニアメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード43×65mm/0.1mm100枚
Engamesスリーブ ミニアメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト43×65mm/0.05mm100枚
※ノーマルサイズとジャストサイズの2種類があり、「ジャストサイズ」は45×68mmになります。

内容物

コンポーネント
画像引用元:BoardGameGeek
内容物の一覧をみる

・両面マップタイル:9枚
・キャラクターコマ:87個
 - ゾンビヒーロー:6個
 - スーパーヒーロー:6個
 - サブキャラクター:12個
 - SHILEDエージェント:63個
・カード:136枚
・トークン類:41個
・プラスチック製ステータスボード:6枚
・カラーベース:6個
・ダイス:6個
・トラッカーキューブ:12個

エラッタ/補足情報

ルールブックに関するエラッタが報告されています。詳細は公式サイトをご確認ください。

また、上記のサイトにはルールの明確化に関するFAQも掲載されています。

  \購入はこちら/
サニーバード〔定価:17,800円〕
¥16,020 (2024/04/10 23:00時点 | Amazon調べ)

拡張/シリーズ

X-men Resistance

2023年秋以降の発売が予定されている「マーベルゾンビーズ」の独立拡張で、ゾンビを倒していくスーパーヒーローモードを遊ぶことができます。

「X-men Resistance」単体でも遊べますが、「マーベルゾンビーズ」と合わせることで、互いのキャラクターを使用することもできます。

なお、「X-men Resistance」は一般流通は基本的に予定しておらず、直販での受注生産がメインとなると公式でアナウンスされています。

コメント