【ボドゲ紹介】ドーフロマンティック|ルールやレビュー評価など徹底紹介

ドーフロマンティックのボックスアート
画像引用元:BoardGameGeek

『ドーフロマンティック』は、Switch/Steam向けに発売されている「Dorfromantik」が原作の協力型タイル配置&パズルゲームです。

国内では2023年11月に、テンデイズゲームズより日本語版が発売予定です。

この記事では本作の概要や評判、口コミ、スリーブなど幅広く紹介しますので、何か少しでも参考になりましたら幸いです。

なお、各ショップの販売状況はこちらもご確認ください。

キャンペーンを進めることで新要素が開放されていく仕組みのため、この記事には多少のネタバレを含む恐れがあります。

スポンサーリンク

ドーフロマンティック 基本情報

タイトルドーフロマンティック ボードゲーム
メーカーテンデイズゲームズ
プレイ人数1~6人
プレイ時間30~60分
対象年齢8歳以上
発売時期2023年11月下旬
定価6,600円(消費税10%込)
ショップAmazon  楽天市場  Yahoo!  駿河屋
こちらも合わせて

ドーフロマンティックとは?ルールや特徴など

ルールの概要

『ドーフロマンティック』は、Switch/PC向けに発売されている「Dorfromantik」が原作の協力型タイル配置&パズルゲームです。

3枚のタスクタイルとチップを場に配置してゲームを開始します。

タイルの初期配置の例
画像引用元:BoardGameGeek

タイルには「タスクタイル」と「風景タイル」の2種類があり、どちらも表側には森、村、水辺などの風景が描かれています。

プレイヤーは山札から次々にタイルを引いて、同じ地形が上手く繋がるように他のタイルに隣接して配置していきます。

タイルの配置イメージ
画像引用元:BoardGameGeek

同じ地形のタイルを、タスクタイルに置かれたチップの値の数だけ繋げることで得点を獲得できます。

風景タイルの山札が無くなり、新しい風景タイルが置けなくなるとゲームが終了します。

付属のスコアシートを使い、獲得したチップの合計値や、それぞれの地形で最も広い(長い)地域を構成しているタイルの枚数などから最終得点を計算します。

『ドーフロマンティック』では勝敗がなく、より高い得点の獲得を目指して何度もプレイしていくことになります。

ドーフロマンティックの全体イメージ
画像引用元:BoardGameGeek

ドーフロマンティックの特徴/詳細

デジタル版が原作

『ドーフロマンティック』は、以下のSwitch/PC向けのデジタル版が原作になります。

デジタル版の公式ページ

なお、Switch版はYouTubeで公開されている「よゐこのインディーでお宝探し生活3 第2回」でも遊ばれています。

動画引用元:Nintendo 公式チャンネル

タスクタイルは常に3枚

場のタスクタイルは常に3枚で、タスクを達成するたびに得点源となる新しいタスクタイルが配置できるようになります。

そのため、どんなタスクタイルでもすぐに達成できるように、地形を整えながらタイルを配置することが重要となります。

キャンペーンによる開放要素

ゲーム終了時の最終得点によってキャンペーンが進み、新しい駒やタイル、ルール、得点源などの要素が増えていきます。

開放要素は5つの箱に入っており、いつ、どのような要素が開放されるかはキャンペーンを進めるまで分かりません。

新要素が開放されることで、次のゲームではより高い点数の獲得が狙えるようになっています。

キャンペーンの開放要素
画像引用元:BoardGameGeek

ドイツ年間ゲーム大賞受賞

『ドーフロマンティック』は「ドイツ年間ゲーム大賞2023」にて大賞部門を受賞しました。

なお、その他の受賞作品は次の通りです。

ドイツ年間ゲーム大賞2023受賞作品
  • 年間ゲーム大賞…ドーフロマンティック
  • エクスパートゲーム大賞…チャレンジャーズ!(紹介記事
  • キッズゲーム大賞…ミステリウムキッズ

フロマンティックではない

私も最初間違えておりましたが、正式名称は「ドフロマンティック ボードゲーム」です。

特徴まとめ
  • 協力型のタイル配置&パズルゲーム
  • 元々はSwitch/PC向けに発売された作品
  • ゲームを進めることで新要素が次々と開放されるキャンペーンシステムを採用。
  • 2023年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作品
  • 1プレイは30~60分程度
  • 1~6人用の中量級ボードゲーム
  \購入はこちら/

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

2023年11月3日時点
タイトルDorfromantik: The Board Game
デザイナー Michael Palm, Lukas Zach
タイプ家族/子供向き
主な
メカニクス
パズル
タイル・カード配置
エリアマジョリティ
協力ゲーム
シナリオ/ミッション/キャンペーン
モジュラーボード
最適人数1~2人
原作販売年2022年
最新情報はこちら

評判・口コミまとめ

『ドーフロマンティック』を実際にプレイした人の口コミなどを紹介します。

評判の良い口コミ

ソロゲームとして最適で、中毒性が高い。

徐々に新要素が開放されていくのが楽しい。

シンプルで中毒性が高く、ルールも簡単なため、大人から子供まで幅広く楽しめると高い評価を獲得しています。

特にキャンペーンを進めることで新要素が開放されていき、より高得点が狙えるようになって行くところに魅力を感じている人が多かったです。

気になる口コミ

人数が増えると意思決定が難しくなる。

簡単すぎて退屈に感じる。

人数が増えると意見を共有するのが難しく、思い通りにならない場面が出てくるため、どちらかというとソロプレイ(多くても2人程度)向けだというコメントが散見されました。

また、ゲーマーの中にはゲームシステム自体に物足りなさを感じる人もいるようです。

生の声(Twitter⇒X)

スポンサーリンク

スリーブと内容物

カードサイズ/スリーブ

『ドーフロマンティック』にカード型のコンポーネントは含まれていないため、スリーブは必要ありません。

内容物

ドーフロマンティックのコンポーネント
画像引用元:BoardGameGeek
内容物の一覧をみる

・タスクタイル:25枚
・風景タイル:48枚
・タスクマーカー:25個
・キャンペーンシート:1冊
・スコアシート:1冊
・ルールブック:1冊
・キャンペーンボックス:5箱(中身は非公開)

エラッタ/補足情報

テンデイズゲームズ公式にて以下のエラッタが報告されています。

『ドーフロマンティック』は2023年11月に発売予定です。

価格や販売時期はショップごとに異なるため、最新状況は各サイトにてご確認ください。

販売サイト備考
Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
駿河屋
JELLY JELLY STORE
Engames(11/11)予約受付開始
テンデイズゲームズ(11/11)予約受付開始
ケンビル
すごろくや
あみあみ
バトンストア
ヨドバシカメラ
ビッグカメラ
ジョーシン

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

ドーフロマンティックの拡張/シリーズ

国内で『ドーフロマンティック』の拡張/シリーズの発売予定はありません。

なお、海外では製粉所のミニ拡張が発売されています。

また、エッセンシュピール2023では派生作となる2人対戦用ゲーム『Dorfromantik: The Duel』が発表されました。

コメント