【ボドゲ紹介】ゴールドラッシュ - ルール概要や評価など〔軽量級ボードゲーム〕

画像引用元:駿河屋

『ゴールドラッシュ』は、探鉱者や冒険家などの職業の人が金を求めて競い合う、2~5人用のカードゲームです。

2024年1月には、サニーバードよりリメイク版の発売が予定されています。

1990年に発売された「ゴールドラッシュ」をベースに、ゲームの概要やリメイク作の違い、評判、口コミなどを幅広く紹介します。

スポンサーリンク

ゴールドラッシュ 基本情報

タイトルゴールドラッシュ 日本語版
メーカーサニーバード
プレイ人数2~5人
プレイ時間約15分
対象年齢8歳以上
発売日2024年1月5日
定価2,860円(消費税10%込)
こちらも合わせて

ゴールドラッシュの歴史

ゴールドラッシュは1990年に初版が発売されて以降、いくつかのリメイク作やスピンオフ作品が発売されています。

1990年初版の「GOLD RAUSCH」が発売
2002年リメイク作の「GOLD DIGGER」が発売
2003年スピンオフ作品の「WAPI」が発売
2006年「GOLD DIGGER」の改訂第2版が発売
2023年サニーバードよりリメイク作が発売

いずれもルールが多少異なりますが、サニーバードから発売される作品は「GOLD RAUSCH」と「GOLD DIGGER」をベースにしたリメイク作のようです。

ゴールドラッシュとは?ルールの概要や特徴など

『ゴールドラッシュ』は、探鉱者や冒険家などの職業のキャラクターが金を求めて競い合う、2~5人用のカードゲームです。

各プレイヤーはそれぞれ3枚のチップを持ち、30枚のキャラクターカードと36枚のゴールドカードを混ぜて山札を作成します。

キャラクターカードは6種類の職業がそれぞれ5枚ずつあり、各プレイヤーは山札から順番に1枚ずつカードを捲って場に出していきます。

場の中央には職業を表すシンボルカードが置かれており、捲ったカードがキャラクターカードの場合は左側に、ゴールドカードの場合は右側に配置します。

ゴールドラッシュのプレイイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

さらに、キャラクターカードを配置するとき、手持ちのチップをその職業に置いて「賭ける」ことができます。

それぞれの列にあるゴールドカードは、職業ごとに獲得した金貨を表しており、プレイヤーは賭けたチップに応じて配当を得ることができます。

なお、ゴールドカードは1~10までの価値を持った金貨と、価値0の偽貨があり、各列6枚まで配置することができます。

そのため、自分が賭けた職業にはより価値の高いカードを、他プレイヤーが賭けた職業には価値の低いカードを配置することがゲームの基本となります。

ゴールドラッシュのゴールドカード
画像引用元:BoardGameGeek

66枚の全てのカードを配置したらゲームが終了し、「各職業が獲得した金貨」を「職業ごとに賭けられたチップの枚数」で割った値が各プレイヤーへの配当となります。

全ての配当を受け取り、最終的に最も多くの金貨を獲得したプレイヤーの勝利となります。

特徴まとめ
  • 坊主めくりのようなシンプルなカードゲーム
  • 最初期のライナー・クニツィア氏の作品
  • サニーバードの「名作小箱シリーズ」の第3作目
  • 同名タイトルのゲームが多く、他作品と間違えやすい。
  • 1プレイは20分程度
  • 2~5人用の軽量級ボードゲーム

GOLD RAUSCHとGOLD DIGGERの違い

基本的な遊び方は変わりませんが、「GOLD RAUSCH」と「GOLD DIGGER」では手札の有無が大きな違いとなります。

「GOLD RAUSCH」は捲ったカードをそのままプレイしますが、「GOLD DIGGER」では3枚の手札から1枚を選択してプレイします。

そのため、「GOLD DIGGER」では戦略の要素が増す反面、カードの引き運に左右される傾向が強くなるようです。

その他にも金貨の価値や枚数などでも違いがあります。

リメイク版の変更点

2023年9月のボードゲーム大祭で、リメイク版の『ゴールドラッシュ』のサンプルが披露されました。

その時の情報などから、リメイク版では以下のような点が変更されるようです。

リメイク版の変更点
  • アートワークが一新
  • 動物をモチーフにしたキャラクター
  • ゴールドディガーのルールも収録

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

ゴールドラッシュの評価
2023年10月9日時点
タイトルGoldrausch / Gold Digger
デザイナー Reiner Knizia
タイプ家族/子供向き
メカニクスカードゲーム
推奨人数3~5人
最適人数5人
原作販売年1990年
最新情報はこちら

評判・口コミまとめ

『ゴールドラッシュ』に関する反応や口コミなどを紹介します。

X(旧Twitter)の反応

スポンサーリンク

スリーブと内容物

カードサイズ/スリーブ

『ゴールドラッシュ』のカードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

なお、リメイク版が同じサイズとは限らないためご注意ください。

カードサイズ:57×89mm
カードの枚数:66枚
スリーブサイズ:アメリカンサイズ

アメリカンサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース アメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード60×92mm/0.1mm50枚
②ホビーベース アメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト59×91mm/0.05mm100枚
③Engamesスリーブ ブリッジサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード59×90mm/0.1mm100枚
④Engamesスリーブ ブリッジサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト59×90mm/0.05mm100枚

内容物

内容物の一覧をみる

・キャラクターカード:30枚
・ゴールドカード:36枚
・シンボルタイル:6枚
・チップ など

エラッタ/補足情報

『ゴールドラッシュ』について、10/9時点で公開されているエラッタ情報はありません。

各サイトにおける『ゴールドラッシュ』の取扱状況を紹介します。

価格や販売時期はショップごとに異なるため、最新の取扱状況は各サイトにてご確認ください。

販売サイト価格取扱状況
Amazon取り扱い無し
楽天市場予約受付中
Yahoo!ショッピング予約受付中
駿河屋予約受付中
JELLY JELLY STORE取り扱い無し
Engames取り扱い無し
あみあみ予約受付中
バトンストア予約受付終了
ヨドバシカメラ予約受付終了
ビッグカメラ取り扱い無し
ジョーシン取り扱い無し
2023年12月13日更新

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

コメント