【ボドゲ紹介】枯山水

2~4人用の重量級ボードゲーム『枯山水』(英名:Stone Garden)がどんなゲームか、概要やスリーブサイズ、拡張関連、エラッタ情報などを紹介します。

https://cf.geekdo-images.com/_2QslGFaVlRYEAkceTwN3w__imagepage/img/sSrgCpP6jscp6olarWAzyQcnot0=/fit-in/900x600/filters:no_upscale():strip_icc()/pic3317011.jpg
画像引用元:BoardGameGeek
スポンサーリンク

どんなゲーム?

「枯山水」は、日本の伝統的な日本庭園の様式である「枯山水」をテーマにした、タイル配置型のボードゲームです。

プレイヤーは庭園を設計する禅僧となり、砂や苔が描かれた砂紋タイルを使って、自分だけの美しく洗練された枯山水を造ることを目指します。

砂紋タイルは、山札から引いたモノをただ配置するだけでなく、他プレイヤーに譲渡して徳を積んだり、逆に徳を消費して他プレイヤーからタイルを強奪して妨害することも可能です。

さらに、徳を消費して庭園に様々な形の石を配置したり、ゲーム中に1度だけ使えるプレイヤーごとの固有能力などもあり、最終的にいずれかのプレイヤーが15枚のタイルを配置した時点でゲームが終了となります。

ゲームが終了したら、タイル同士の紋様の繋がりや苔の数、配置している石組、さらには庭園の左右対称性や積んだ徳など、様々な要素から得点計算を行い、最も勝利点を得たプレイヤーが勝利となります。

いかに自分の庭園を造りながら、他プレイヤーの造園を妨害するかといった、戦略性も高いゲームシステムとなっています。

画像引用元:BoardGameGeek

作品データ

タイトル枯山水(新装版)
(Stone Garden)
カテゴリ
メカニクス
タイル・カード配置
セットコレクション
ゲームデザイン山田 空太
プレイ時間60~90分
プレイ人数2〜4人
対象年齢10歳以上
発売元ニューゲームズオーダー
発売時期2015年8月20日
定価8,800円(消費税10%込) 
発売元/発売時期/定価は日本語版かつ記事作成時の情報

内容物

・寺院ボード:1枚
・庭園ボード:4枚
・砂紋タイル:80枚
・名庭園カード:14枚
・作庭家カード:9枚
・石:25個
・禅僧駒:4個
・円相駒:4個
・早見表:4枚
・取扱説明書:1部

カードスリーブ

『枯山水』のカードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

カードサイズ:57×89mm
カードの枚数:23枚
スリーブサイズ:アメリカンサイズ

アメリカンサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース アメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード60×92mm/0.1mm50枚
②ホビーベース アメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト59×91mm/0.05mm100枚
③Engamesスリーブ ブリッジサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード59×90mm/0.1mm100枚
④Engamesスリーブ ブリッジサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト59×90mm/0.05mm100枚

エラッタ情報

公開されているエラッタ情報はありません。(2023年3月時点)

最新の情報は公式サイトをご確認ください。

口コミ/販売情報

Amazonの口コミや、最新の販売状況は以下のリンクよりご確認お願いします。

ボードゲームは数年の再販待ちや絶版も珍しくないため、予算が許すなら買える時に購入することをお勧めします。

本作の定価は8,800円です。
各サイトの検索結果には拡張や高額転売品が含まれる恐れがありますので、購入の際はご注意ください。

拡張/シリーズ

本作の拡張/シリーズは発売されておりません。

コメント