【ボドゲ紹介】波乱と海原 – レビュー評価やルールなど徹底紹介

【ボドゲ紹介】波乱と海原 – レビュー評価やルールなど徹底紹介
画像引用元:ANALOG GAME INDEX

『波乱と海原』は、プレイヤーがヨット乗りとなって航海からの帰航を目指す、トリックテイキングゲームです。

2015年に出版され、絶版となっていた「Texas Showdown(テキサスショーダウン)」のデザイナーリメイク作になります。

この記事では本作の概要や評判、口コミ、スリーブなど幅広く紹介しますので、何か少しでも参考になりましたら幸いです。

ホビージャパン〔定価:1,760円〕
スポンサーリンク

『波乱と海原』の基本情報

本作の基本情報/商品概要は次の通りです。

タイトル波乱と海原 日本語版
種別基本セット
出版社ホビージャパン
デザイナーマーク・メジャー
プレイ人数3〜6人
プレイ時間約45分
対象年齢14歳以上
発売日2023年8月21日
定価1,760円(消費税10%込)
こちらも合わせて

コンポーネント

『波乱と海原』のコンポーネント/内容物は次の通りです。

波乱と海原のコンポーネント
画像引用元:BoardGameGeek

・カード:60枚
・ルールシート:2部

ゲームの概要

『波乱と海原』は、できるだけトリックを取らないように努めるトリックテイキングゲームです。

各プレイヤーは、時計回りに手札から1枚のカードをプレイしてトリックに参加します。

このときプレイヤーは、場に出ているいずれかのカードと同じ色(スート)のカードをプレイする必要があります。

ただし、同じ色のカードをプレイできない場合は、代わりに手札から任意のカードをプレイすることができます。

全員が1枚ずつカードをプレイしたらトリックが終了し、最高のカードをプレイしたプレイヤーが全てのカード(トリック)を獲得します。

ただし、1トリック=1ペナルティーポイントとなるため、トリックを取らないようにカードを選択する必要があります。

いずれかのプレイヤーが規定のペナルティーポイントに到達するまで繰り返して、最終的に最もペナルティーポイントの少ないプレイヤーが勝者となります。

ゲームイメージ
画像引用元:BoardGameGeek
※画像は「Texas Showdown」のイメージ

ゲームの特徴

色(スート)は8色

本作には8種類の色(スート)があり、色ごとに枚数や数字が異なります。

色(スート)の種類
  • オレンジ(無風):0~10(11枚)
  • 赤(サンゴ):11~20(10枚)
  • 灰(霧):21~29(9枚)
  • 青(氷山):31~38(8枚)
  • 緑(岩):41~47(7枚)
  • 紫(嵐):51~56(6枚)
  • ティール(渦):61~65(5枚)
  • えんじ(クラーケン):71~74(4枚)

3人プレイの場合、オレンジとえんじの計15枚は使用しません。

トリック数=手札枚数

各ラウンドでは、プレイヤーの手札が無くなるまでトリックを繰り返します。

初期手札の枚数は、プレイヤーの人数により異なります。

手札の枚数
  • 3人または4人:15枚
  • 5人:12枚
  • 6人:10枚

トリックの判定

トリックを取る人(敗者)は、次の通り決定します。

トリックを取る人の決め方
  1. そのトリックでプレイされたカードの中で、最も多い色(スート)を確認する。
  2. 最も多い色で、一番大きい値のカードをプレイしたプレイヤーがトリックを取る。
  3. 最も多い色が2つ以上ある場合、それらの色の中で一番大きい値のカードをプレイしたプレイヤーがトリックを取る。

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

ランキング
2,108
評価
7.3
重さ/複雑さ
1.16
2024年1月25日時点
タイトルSeas of Strife
(旧題:Texas Showdown)
原作メーカーRio Grande Games
デザイナー Mark Major
タイプ家族/子供向き
カテゴリカードゲーム
メカニクストリックテイキング
推奨人数4~6人
最適人数5~6人
原作販売年2015年
最新情報はこちら

評判・口コミの紹介

『波乱と海原』に関する反応や口コミなどを紹介します。

プレイ経験者の反応

評判の良い口コミ

トリックの回避に重点を置いた点が面白い。

大人数で遊べる。

「トリックを取らない」という点が他のトリックテイキングゲームと違って面白いと高く評価している人が多かったです。

また、簡単なルールで6人まで遊べるため、隙間時間などにも楽しむことができます。

気になる口コミ

5人以上の方が楽しめる。

ボックスアートがイマイチ

5人以上の方が面白いというコメントが多く寄せられており、少人数で遊ぶにはあまり向いていないようです。

また、ゲームには直接関係ありませんが、日本語版『波乱と海原』のボックスアートに不満を持っている人も多いようです。

X(旧Twitter)の口コミ

スポンサーリンク

総括・まとめ

『波乱と海原』の特徴や評判などをまとめると次の通りです。

  • マストフォロー切り札なしのトリックテイキングゲーム
  • トリックを取らないように立ち回る必要がある。
  • 「Texas Showdown」のリメイク作
  • プレイ時間は45分程度
  • 3~6人用の中量級ボードゲーム

ボードゲーム予約・販売状況

2024年1月22日時点では、どこのショップも在庫がありません。

価格や販売時期はショップごとに異なるため、最新状況は各サイトにてご確認ください。

ホビージャパン〔定価:1,760円〕
販売サイト備考
JELLY JELLY STORE取り扱いあり
Engames
テンデイズゲームズ
ケンビル
すごろくや取り扱いあり
あみあみ
バトンストア
ヨドバシカメラ
ビッグカメラ
ジョーシン取り扱いあり

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

補足情報/関連サイト

『波乱と海原』の関連サイトは次の通りです。

公式サイト波乱と海原 日本語版
エラッタ-(報告なし)
BGGSeas of Strife

カードに合うスリーブ

『波乱と海原』のカードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

カードサイズ:56×87mm
カードの枚数:60枚
スリーブサイズ:ボードゲームサイズ

ボードゲームサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース ボードゲームサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード58.5×90mm/0.1mm50枚
②ホビーベース ボードゲームサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト58×89mm/0.05mm100枚
③Engamesスリーブ アメリカンサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード58×89mm/0.1mm100枚
④Engamesスリーブ アメリカンサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト58×89mm/0.05mm100枚

拡張/シリーズ

国内外で『波乱と海原』の拡張に関する情報はありません。(2024年1月25日時点)

なお、リメイク元となった『テキサスショーダウン』は、過去にメビウスゲームズより日本語訳付きが発売されましたが、現在では絶版となっています。

コメント