【ボドゲ紹介】マスカレイドの概要や第二版の違いなど

【ボドゲ紹介】マスカレイドの概要や第二版の違いなど
画像引用元:ANALOG GAME INDEX

『マスカレイド 第二版』は、ブラフと正体隠匿を組み合わせたパーティーゲームです。

本作は2019年に発売された「マスカレイド」の新版で、アートワークの刷新一部キャラクターの入れ替えキャラクター能力の変更が行われました。

この記事では本作の概要や、国内外での評判などについてまとめています。

本記事には第一版の画像が含まれております。第二版ではアートワークが異なりますので注意してください。

スポンサーリンク

マスカレイドとは?

  • 正体を隠しながらブラフを駆使してコインを稼ぐパーティーゲーム
  • ゴールデン・ギーク・アワード2013のパーティーゲーム部門ノミネート作品
  • 第二版のプレイ人数は4~12人

『マスカレイド』は、自分の正体を隠匿しながらブラフを駆使してコインを稼いでいくパーティーゲームです。

各プレイヤーは、キャラクターカード1枚と6金を持ってゲームを開始します。

ゲームイメージ
画像引用元:BoardGameGeek

キャラクターはそれぞれ固有の能力を持っており、その能力を使ってコインを増やしたり、他のプレイヤーのコインを奪うことができます。

ただし、自分のキャラクターカードを自由に見ることはできず、ゲームが進行すると自分がどのカードを持っているか分からなくなります。

キャラクターを偽って能力を使用することも可能ですが、嘘がバレるとコインが徴収されるため、相手を騙したり、嘘を見抜いたりしながら、一早く13金を獲得することを目指していきます。

マスカレイド
ホビージャパン
¥2,700 (2024/07/17 02:35時点 | Amazon調べ)
こちらも合わせて

ルールと遊び方

ゲームの準備

各プレイヤーは、6コインとキャラクターカードを受け取ります。

全員がカードを確認したら、全てのカードを裏返します。

ゲームで利用できるキャラクターはプレイ人数により異なります。

キャラクターカードの選択
画像引用元:BoardGameGeek

手番の流れ

手番のプレイヤーは、以下のいずれかのアクションを行います。

  • 自分のキャラクターカードを他のカードと交換(または交換のふりを)する。
  • 自分のキャラクターカードを秘密裏に確認する。
  • キャラクターの能力を使用する。

自分のキャラクターカードを他のカードと交換(または交換のふりを)する。

自分のキャラクターカードを、指定する他のプレイヤーと交換します。

この時、交換するふりだけをして、実際には交換しないことも選択できます。

他のプレイヤーはカードを交換したかどうか分からず、どちらのプレイヤーも交換後のカードを確認することはできません。

自分のキャラクターカードを秘密裏に確認する。

自分のキャラクターカードを確認することが出来ます。

キャラクターの能力を使用する。

キャラクターカードを指定して、その能力の使用を宣言します。

実際の手札に関わらず、宣言したキャラクターの能力が使用できます。

この時、他のプレイヤーは自分も同じキャラクターであることを宣言(チャレンジ)することができます。

他のプレイヤーが宣言しなかった場合

実際の手札に関わらず、宣言した能力の効果を使用します。

他のプレイヤーが宣言した場合

宣言したプレイヤーは自分のキャラクターカードを公開して、宣言したキャラクターとカードが一致したプレイヤーが能力を使用できます。

キャラクターが不一致であったプレイヤーは、全員1コインを裁判所に支払います。

能力の発動
画像引用元:BoardGameGeek

ゲームの終了

ゲームの終了条件は次の2通りです。

いずれかのプレイヤーが13金を獲得する。

一早く13金を獲得したプレイヤーの勝利となります。

いずれかのプレイヤーの所持金が0になる。

その時点で、最も所持金の多いプレイヤーの勝利となります。

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

マスカレイド第2版のBGG
記事投稿時点のデータ
タイトルMascarade (second edition)
デザイナー Bruno Faidutti
タイプパーティーゲーム
主な
メカニクス
カードゲーム
ベッティング(賭け)
ブラフ
メモリー
プレイヤー別固有能力
最適人数8~10人
原作販売年2021年
最新情報はこちら

【参考】マスカレイド 第一版の評価

マスカレイド第1版のBGG
最新情報はこちら

評判・口コミまとめ

『マスカレイド』を実際にプレイした人の口コミを紹介していきます。

評判の良い口コミ

簡単なルールでプレイ時間も短いため遊びやすい。

プレイヤーが多ければ多いほど楽しめる。

あまりメジャーなゲームではないかもしれませんが、「面白かった」とコメントされている方が多い印象です。

評判のいまいちな口コミ

人を集めるのが難しい。

人数が少ないと、プレイできるキャラクターも限られる。

ゲームの最少人数が4人で、BGGでの適正人数が8~10人となっているため、遊ぶまでのハードルが高いという人も少なくないと思います。

生の声(Twitter)

スポンサーリンク

スリーブと内容物

カードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

カードサイズ:80×120mm
カードの枚数:17枚
スリーブサイズ:ラージユーロサイズ

ラージユーロサイズ用のスリーブをみる

ラージユーロサイズ

ラージユーロサイズ用のスリーブを3種類紹介します。

①ホビーベース ラージユーロサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード82×124mm/0.1mm50枚
②Engamesスリーブ 80×120mmカードサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード82×122mm/0.1mm100枚
③Engamesスリーブ 80×120mmカードサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト82×122mm/0.05mm100枚
コンポーネント
画像引用元:BoardGameGeek
内容物の一覧をみる

・ゲームボード:1枚
・カード:17枚
・内箱:1つ
・コイン:104枚
・プレイヤーエイド:6枚
・シナリオシート:9枚
・ルールブック:1部

エラッタ/補足情報

記事作成時点で公開されているエラッタはありません。

なお、最新の情報は公式サイトをご確認ください。

日本語版の販売/再販予約情報

2023年5月29日時点で、各ショップにて予約受付が始まっています。

ホビージャパン
¥2,700 (2024/07/17 02:35時点 | Amazon調べ)

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

拡張/シリーズ

国内では、本作の拡張/シリーズは発売されていません。

コメント