【ボドゲ紹介】デクリプト - レビュー評価やルール概要など徹底紹介〔2023年10月再販〕

デクリプト 新版のボックスアート
画像引用元:すごろくや(新版のパッケージ)

『デクリプト』は、2チームに分かれてチームメンバの提示したキーワードから秘密コードを解読したり、相手チームの秘密コードを盗聴しようと試みる、チーム戦の推理分析ゲームです。

2018年に発売された作品が、2023年10月に新版となって新たに発売されます。

この記事では、本作の概要やレビュー評価、口コミ、スリーブ、拡張の有無などを幅広く紹介します。

購入を悩まれている方にとって少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

デクリプト 基本情報

タイトルデクリプト
メーカーすごろくや
プレイ人数3~8人
プレイ時間30分
対象年齢12歳以上
発売日2018年8月
直近の再販2023年10月13日
定価3,960円(消費税10%込)
ショップAmazon  楽天市場  Yahoo!  駿河屋

デクリプトとは?ルールや旧版との違いなど

ルールの概要

『デクリプト』は、2チームに分かれてチームメンバの提示したキーワードから秘密コードを解読したり、相手チームの秘密コードを盗聴しようと試みる、チーム戦の推理分析ゲームです。

各チームは「ついたて」、「記入シート」、「秘密コードカード」を受け取り、ついたてに4枚のキーワードカードを差し込んでゲームを開始します。

ついたてには、自分のチームだけが見れる4つのキーワードが表示されます。

デクリプト のついたてとキーワード
画像引用元:すごろくや

手番ごとに各チームの暗号化役の1人が、3つの数字が書かれた秘密コードカードを1枚ずつ引きます。

デクリプト の秘密コードカード
画像引用元:すごろくや

暗号化役はチームメンバに3つの数字を伝える代わりに、ついたてに表示されたキーワードを違う言葉に言い換えて(暗号化して)味方と相手チームの両方に伝えます。

味方のチームメンバは、暗号化された単語から3桁の秘密コードを連想して、当てることが出来れば伝達成功となります。

暗号化の例

ついたてのキーワードが
 1:プラスチック
 2:スーツ
 3:キリン
 4:緑

のとき、「動物」「色」「ペットボトル」の3つの言葉に言い換えて伝えることで、チームメンバは「3.4.1」の秘密コードが連想できます。

なお、伝達の成功/失敗に関わらず、手番の終了時には3桁の秘密コードを相手チームにも公開します。

それぞれのチームは互いに手番を繰り返すことで、「暗号化された単語」と「単語に紐づく数字」の情報を集めていきます。

デクリプトにおける情報収集
画像引用元:BoardGameGeek

そして、2ラウンド目以降はそれまでに集めた情報を元に、その手番の相手チームの3桁の秘密コードを推測し、当てることができれば盗聴成功となります。

盗聴に成功すると「盗聴成功チップ」を獲得しますが、チームメンバが当てることが出来なければ「伝達失敗チップ」を獲得します。

先にどちらかのチームが「盗聴成功チップ」か「伝達失敗チップ」を2枚集めるとゲームが終了して勝敗が決定します。

デクリプト の全体イメージ
画像引用元:すごろくや

旧版と新版の違い

2023年に発売される新版では、旧版から以下の点が変更されました。

  • パッケージが黒色調に変更
  • 全てのキーワードが一新
  • 説明書をより分かりやすく改定

なお、カードデザインは変わらないため、発売済みの拡張セットと混ぜて遊ぶことも可能です。

特徴まとめ
  • 互いに答えを探っていくチーム戦の推理分析ゲーム
  • 3対4などの奇数人数でも楽しめる。
  • 3人の場合は1人が両チームの解読役を務める変則ルールになる。
  • BGGにおけるパーティー部門第1位(9/25時点)
  • プレイ時間は30分
  • 3~8人用の中量級ボードゲーム
スポンサーリンク

日本語版の予約/再販情報

2023年9月25日時点では、大手通販サイトでの取り扱いはありません。

なお、10/1まですごろくや公式サイトで少しお得に予約することができます。

価格や販売時期はショップごとに異なるため、最新の販売状況は以下のリンクよりご確認ください。

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

こちらも合わせて

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

デクリプトの評価
2023年9月25日時点
タイトルDecrypto
デザイナー Thomas Dagenais-Lespérance
タイプパーティーゲーム
メカニクス推論/推理
推奨人数4~8人
最適人数4, 6人
原作の販売年2018年
最新情報はこちら

評判・口コミまとめ

『デクリプト』に関する反応や、実際にプレイした人の口コミなどを紹介します。

X(旧Twitter)の反応

スポンサーリンク

スリーブと内容物

カードサイズ/スリーブ

『デクリプト』には2種類のカードがあり、それぞれのカードサイズと枚数、それに合うスリーブは次の通りです。

ただし、110枚のキーワードカードはついたてに差して利用するため、スリーブは必要ないと思われます。

秘密コードカード
カードサイズ:50×50mm
カードの枚数:48枚
スリーブサイズ:スクエアサイズ
スクエアサイズ用のスリーブをみる

スクエアサイズ

スクエアサイズ用のスリーブを1種類紹介します。

①青雲商店 ぴったりスリーブ ビックリマンシール大サイズ用
タイプサイズ/厚み入数
ソフト54×54mm/0.03mm100枚
キーワードカード
カードサイズ:43×65mm
カードの枚数:110枚
スリーブサイズ:ミニユーロサイズ
ミニユーロサイズ用のスリーブをみる

ミニユーロサイズ

ミニユーロサイズ用のスリーブを4種類紹介します。

①ホビーベース ミニユーロサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード47×71mm/0.1mm100枚
②ホビーベース ミニユーロサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト46×70mm/0.05mm100枚
Engamesスリーブ ミニユーロサイズ・ハード
タイプサイズ/厚み入数
ハード46×69mm/0.1mm100枚
Engamesスリーブ ミニユーロサイズ・ソフト
タイプサイズ/厚み入数
ソフト46×69mm/0.05mm100枚
※ノーマルサイズとジャストサイズの2種類があり、「ジャストサイズ」は45×68mmになります。

内容物

デクリプト 新版のコンポーネント
画像引用元:BoardGameGeek
内容物の一覧をみる

・ついたて:2組
・キーワードカード:110枚(440語)
・秘密コードカード:48枚
・成功/失敗チップ:8枚
・記入シート:50枚
・砂時計:1本
・ルールブック:1冊

エラッタ/補足情報

『デクリプト』について公開されているエラッタ情報はありません。

  \購入はこちら/

デクリプトの拡張/シリーズ

『デクリプト』の拡張について、国内では以下の作品が発売されています。

拡張セット#01:レーザードライブ

2019年8月に発売された第一弾拡張セットで、ラウンドごとに〈色〉や〈映画タイトル〉などの伝達ヒントに対するジャンル縛りが設けられます。

さらに、相手のキーワード当てに挑戦できる新たな要素も追加されました。

なお、2023年の新版と混ぜて遊ぶことも可能です。

ペンシートセット

『デクリプト』のロゴが入ったボールペン2本と、100枚の記入シートのセット商品です。

すごろくや〔定価:660円〕

コメント