【ボドゲ紹介】ヒューマニティ計画|ゲームの概要やレビュー評価など

ヒューマニティ計画のボックスアート
画像引用元:ANALOG GAME INDEX

『ヒューマニティ計画』は、「チューリングマシン」や「アーキオロジック」と同じデザイナーが手掛けたタイル配置&ワーカープレイスメントゲームです。

プレイヤーは資源の生産や、宇宙飛行士を自動化ステーションに派遣して獲得したモジュールでの基地の拡張、研究のための実験などを行うことで勝利点を増やしていきます。

この記事では本作の概要や評価などを中心に紹介します。

本作はBGA(Board Game Arena)でもプレイできます。

ホビージャパン〔定価:11,000円〕
スポンサーリンク

ヒューマニティ計画の基本情報

本作の基本情報/商品概要は次の通りです。

タイトルヒューマニティ計画 日本語版
種別基本セット
出版社ホビージャパン
プレイ人数2〜4人
プレイ時間約90分
対象年齢14歳以上
発売日2024年6月
定価11,000円(消費税10%込)
こちらも合わせて

コンポーネント

『ヒューマニティ計画』のコンポーネント/内容物は次の通りです。

ヒューマニティ計画の内容物
画像引用元:BoardGameGeek

・ゲームボード:1枚
・得点ボード:1枚
・タイル:123枚
・トークン:125個
・シールド:4つ
・宇宙飛行士フィギュア:12人
・アクリルトークン:8個
・ルールブック (ハードカバー):1冊

ゲームの概要

『ヒューマニティ計画』は2073年の土星の衛星タイタンを舞台に、3年間に渡って民間科学者を受け入れるための基地の開発を行います。

ヒューマニティ計画のルール説明
画像引用元:BoardGameGeek

プレイヤーの手番では、3人の宇宙飛行士を使って次のいずれかのアクションを実行します。

  • 基地での作業
    宇宙飛行士の行動力を消費して、様々なリソースを生産したり、新しい基地モジュールを配置するために邪魔な障害物を除去したりします。
  • モジュールの獲得
    資源を消費して、新たなモジュールを基地に配置します。モジュールを配置することで勝利点を獲得したり、宇宙飛行士の行動力を強化することができます。
  • 実験
    3種類の実験を、資源を消費してを行うことで勝利点などを獲得します。
ヒューマニティ計画のメインボード
画像引用元:BoardGameGeek

また、配置したモジュールの組み合わせや実施した実験の数など、特定の条件を満たすことでミッションタイルを獲得し、追加の勝利点が得られます。

ただし、他プレイヤーがより優れた条件を達成した場合、ミッションタイルが奪われることもあります。なお、3種類あるミッションの内容はゲームごとに異なります。

ヒューマニティ計画のミッションタイル
画像引用元:BoardGameGeek

全員がアクティブな宇宙飛行士がいなくなったらラウンドが終了します。なお、モジュールの獲得に送り出した宇宙飛行士は、モジュールの位置によって復帰するまでの時間は異なります。

一定のラウンドを終えるごとに年が進み、3年目が終了するとゲームが終了し、最終的に最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

ヒューマニティ計画のゲーム終了時の状態
画像引用元:BoardGameGeek
ホビージャパン〔定価:11,000円〕

BGGにおける評価

世界中のボードゲーム愛好者が集うBGG(Board Game Geek)におけるランキング・評価などは次の通りです。

ランキング
8,297
評価
6.6
重さ/複雑さ
2.64
2024年5月28日時点
タイトルHUMANITY
デザイナー Yoann Levet
カテゴリ都市建設
メカニズムタイル・カード配置
ワーカープレイスメント
推奨人数2~4人
最適人数2人
原作販売年2023年
最新情報はこちら
スポンサーリンク

評判・口コミの紹介

『ヒューマニティ計画』に関する反応や口コミなどを紹介します。

通販サイトのリンク

それぞれの通販サイトにおける検索結果のリンク集は次の通りです。

高額転売品や拡張など別商品が表示される場合があります。また、ショップによっては別途送料が必要となることがあるので注意してください。

カードに合うスリーブ

『ヒューマニティ計画』にはカード型のコンポーネントは含まれていないため、スリーブは必要ありません。

ホビージャパン〔定価:11,000円〕

コメント